富岡製糸場見学でのランチは、「かつ丼」「ホルモン揚げ」が有名な新洋亭で

富岡の老舗レストラン新洋亭

富岡製糸場近くの新洋亭

新洋亭は大正14年に一代目が名古屋からコックさんを招いてお店を開きました。 群馬県産の豚肉を使った「とんかつ」や地元のタマネギをたっぷり使ったオムライス、小麦粉を炒めて作るカレーなど手間暇かけた愛情いっぱいの料理が評判です。 名物のカツ丼は、モモ肉の脂と筋を除いて肉を叩いて作ったものです。トントンと「大工さんがはいってるのですか?」ってお客様に言われたこともある音のあるカツ丼なんです。 写真でもお判りと思いますが、新洋亭の「かつ丼」はソースかつ丼ではありませんし、卵でとじてもいません。甘辛のたれで一から手作りしています。TVの取材も何度も受けています。これが名物と言われる所以です。 創業以来受け継いだ味と食を大切に真心込めて提供しています。

新洋亭名物「かつ丼」

新洋亭名物 かつ丼

上の写真は「かつ丼」¥850 群馬県産の豚肉を使用。モモ肉の脂と筋を除いて肉を叩いて作っています。カツ丼は富岡名物の甘辛のたれで味付けしています。

新洋亭主なメニュー

新洋亭のランチメニューと女将の絵手紙

とんかつは、 群馬県産の豚肉を使用しています。モモ肉の脂と筋を除いて肉を叩いて作っています。 オムライスは、地元産のタマネギをたっぷり使い、昔ながらの作り方で出来たオムライスです。 カレーライスのルーは小麦粉を炒めることから手をかけて作っております。 女将は「絵手紙」ではその名を知られた方で、店内には沢山展示されていますので是非ご覧ください。

Googleストリートビューで店内に入ろう

営業時間:11時30分~20時00分まで
定休日:毎週水曜日
電話番号:0274-62-0270  
駐車場などの情報:無料専用駐車場:10台
団体受け入れ:電話にて問い合わせください
バス駐車場:問い合わせください
公式サイト:http://www.shinyoutei.com/
女将(かずこ)のブログ
詳しい地図はここをクリック

 

PAGE TOP